添加物が入っている育毛剤と無添加の育毛剤の違いは?

 

無添加と表示されていると、安心してその育毛剤の購入してしまうでしょう。確かに無添加と書かれていると安心感があるものです。

 

でも、完全に100%無添加という育毛剤は実はないのです。薬事法には「一つの成分に対してそれが無添加でしたら、無添加と表示をしてもいいですよ」という決まりがあります。

 

例えば香料、合成着色料、など添加物を使ってなければ無添加表示が可能です。また、パラベンフリーなどという言葉もパラベンを使用してないなら「フリー」、無添加表示が可能ということになります。

 

つまり、一つ一つの成分に対して無添加と記載することが可能です。

 

完全無添加というのは化学薬品無添加と記載できるので、ここに勘違いしやすいのです。

 

ですから無添加という言葉を信用してはいけないということです。

 

そうはいっても体に害になる添加物が含まれるよりは添加物が少しでも軽減されているものが良いです。

 

無添加と添加物の頭皮に悪影響なものや、その違いなどをしっかり把握して育毛剤を選択することが大切です。

 

【無添加と添加物の違い】

 

・無添加とは

 

無添加には二種類の記載例があります。一切化学薬品を使ってない無添加、この場合は「100%無添加」「完全無添加」という記載が正しいです。

 

一方、商品を製造するにあたり着色料や香料、防腐剤など一つ一つの成分を無添加にしているケースでは、それぞれの単一成分に無添加と記載します。例えば着色料無添加など。

 

しかし、完全無添加だと保存期間が短くなり、季節によっては劣化する可能性があります。また一度開封すると早く使用しなければいけません。そうすると消費者のコスト負担が大きくなります。

 

・添加物とは

 

添加物は必ずしも頭皮に悪影響ではないです。例えば防腐剤などにはパラベン以外にもエタノールやアルコールが使用されます。

 

パラベンは肌に悪影響を与えるわけですがそれも配合量に左右されます。しかし、一般的にパラベンの作用が悪評なためほとんどの育毛剤ではエタノールやアルコールが使用されています。

 

これらの添加物を含む意味というのは育毛剤自体の保存期間を長く保つためです。

 

もし、こういった防腐剤を含まなければ、育毛剤は完全に「生」ものとなり、1週間も保存できなくなります。

 

しかし、添加物による防腐剤を使うことで保存期間が半年や1年の保存が可能です。

 

そういう意味では添加物も大切な成分になります。

 

また、添加物が完全に肌に悪影響な訳ではありません。

 

例えばワセリンは、よくボクサーなどが傷口を閉じるのに使ったりしますが、それも石油をかなり高いレベルで精製されており肌には安全です。

 

よって傷口に直接塗っても悪いことはなく、むしろ出血を止めケガの応急処置として活躍しています。

 

このことから、添加物がすべて体に害になるわけではないのです。

 

【まとめ】

 

育毛剤を選ぶときはそのような成分が含まれているのかを知ることも大切ですが、どんな添加物が含まれていて、どの成分が無添加なのかを知ること。

 

また、含まれる成分で気になる人は、その有含量や濃度もメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。