M字の薄毛の場合どういう育毛剤がいいのか?

 

生え際の薄毛の原因はagaです。なぜ薄毛男性の半数以上の人が生え際のM字から薄くなりやすいのかは、その付近はagaの原因であるジヒドロテストステロンが悪影響を及ぼすからです。

 

しかし、M字の薄毛にちゃんと合った育毛剤を選ぶと、その薄毛改善が可能です。

 

【M字薄毛の原因】

 

生え際のM字ラインはagaが原因です。

 

具体的には、agaは男性ホルモンであるテストステロンが血中から毛根の核に入り込んだ時、その内部で5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンというテストステロンの10倍の作用をもつ男性ホルモンに変換します。

 

このジヒドロテストステロンが、さらに毛乳頭に存在するセプレーターと結合します。そのときTGFβ-1という非成長因子が発生し、髪の毛の成長を強力に抑え込みます。

 

これがM字の薄毛の原因です。

 

また、M字付近は皮膚が硬くその下を走る毛細血管も細いため、髪の毛がまだある時でも、ほかの部分の髪と比べても細毛であることがほとんどです。

 

つまり、agaの作用を受け、さらに細毛のため髪が後退しやすく、その形がM字であることが多いのです。

 

【生え際の皮膚を柔らかくし、発毛、育毛を促進する】

 

M字薄毛を改善していくにはまず、生え際の皮膚を柔らかくし、血管を太く、血流を良くしなければいけません。

 

また、それプラスagaの原因となるジヒドロテストステロンを抑え込まなければいけないです。

 

【生え際のの皮膚を柔らかくし、M字はげを予防する方法】

 

生活習慣の見直しが大切ですが、それは十分ご存知だと思いますので、ここでは割愛します。

 

では、具体的に皮膚を柔らかくする方法を説明すると、先に頭皮マッサージで硬くなった頭皮をほぐしていきます。

 

頭皮マッサージで頭皮が柔らかくなり、血行も促進します。

 

このとき育毛剤を併用していればより育毛効果が向上します。

 

【M字の薄毛に効果的な育毛剤】

 

M字の薄毛の原因となる生え際は血行が悪く、頭皮が硬い、さらにagaの影響を受けていることから、その薄毛に最低限必要な育毛成分は次のようなものが含まれていると効果的です。

 

1 血行促進作用

 

末梢血管を拡張し生え際の難しい育毛を促進します。

 

2 男性ホルモン抑制作用

 

生え際のagaの原因となる悪玉男性ホルモンを抑制します。

 

3 角質溶解作用

 

血行不良によって硬くなった頭皮を柔らかくし、髪の生えやすい頭皮環境に整えます。

 

4 頭皮代謝活性作用

 

成長因子の分泌を促し、髪の成長を促進します。

 

これらには医薬品指定の成分もあり、副作用をもたらすものもありますが、選ぶものは安全性の高い天然成分や漢方を使用した育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

【まとめ】

 

育毛や発毛が難しいといわれている生え際の薄毛ですが、適切な育毛で新たな髪が生えたり、以前よりも強くなったと実感する人も、また多くいます。

 

つまり、M字の薄毛に効果的な育毛剤を正しい育毛方法で実践していくだけです。とてもシンプルですがこの方法が一番効果を実感しやすいです。