違うメーカーの育毛剤を何種類(もしくは2種類)か併用しても大丈夫か?

 

育毛剤をしようして、思ったほど育毛の結果が出ない場合、ほかの育毛剤と併用する人もおおいのですが、これにはリスクがあります。

 

しかし、ほかの育毛剤と合わせて使っても、効能のあるものと、ないものに分れます。

 

【医薬部外品の育毛剤の併用】

 

育毛剤の種類を分類すると、血行促進のタイプ、男性ホルモン抑制のタイプ、頭皮の環境を整えるタイプ、毛穴から毛根に直接栄養を補給する育毛剤があります。

 

しかし、今の育毛剤はこのうちのどれかの作用に限定した育毛剤というよりも、それらの作用を総合的に含む育毛剤が現在は多いです。

 

つまり、育毛剤を合わせて使っても高い育毛効果があるわけではないのです。

 

そもそも、育毛剤は単体で使うことを推奨しており、その使用方法が大前提で開発されています。

 

育毛剤を開発している会社は育毛剤の併用をすすめてません。

 

たとえ、違う育毛剤同士をつかっても、あまり高い結果は望めないことがほとんどです。

 

【育毛剤を併用することでのリスク】

 

育毛剤を併用して、もしも頭皮の皮膚などに思いもよらない悪影響が起きた場合、違うメーカー同士の育毛剤を併用したことで各メーカーへの責任を追求できません。

 

育毛剤の各メーカーは、そもそも単体での使用を推奨し売っているのですから、勝手に併用して頭皮に重大なトラブルが起きても、責任を追及はできません。

 

これは薬事法にもしっかり記載されています。ですから併用した側に責任があるということになります。

 

美容院でもカラー剤をまぜて施術つをすることがあり、その場合は違うメーカー同士のカラー剤を混ぜないようにと強く注意されます。

 

本当は、同じメーカーでも違う薬剤は併用しないほうがトラブルが少ないので、極力カラーも単体で使用したほうが安全です。

 

これは育毛剤にも同様のことが言えると思います。

 

【医薬品同士の育毛剤の併用】

 

医薬品であるプロペシアやサガーロといったフィナステリドを使用した男性ホルモン抑制作用のある育毛薬と、血行促進作用や細胞活性作用のあるミノキシジルを含む育毛剤の併用は頭髪専門のクリニックなどで処方されることがあります。

 

この医薬品らは、男性の薄毛の原因に特化してつくられっており、併用することで高い育毛効果があります。

 

これに関してはちゃんとした医療機関で医者の判断で服用量や塗布量が決定します。ですから素人判断でこれら育毛剤を併用するのは危険です。

 

併用には専門の知識が必要で医療機関での処方がないとリスクが高いと言えるでしょう。

 

【まとめ】

 

育毛クリニックや専門医が処方する以外に、勝手に育毛剤の併用はリスクが高すぎます。素人判断ではどの成分と、どの成分の相性が良く、どれが悪いのかなんてわかりませんよね?

 

頭皮にトラブルが起きると、良かれと思っていても今以上に薄毛が深刻になることがあるので、育毛剤は正しい使用方法で正しく使っていきましょう。